うなじのシミにはシートマスクやハイドロキノン

髪の毛のヘアスタイルがショートカットだったり、ロングでも普段はひとつに結んでいるというひとは、知らない間にうなじにシミができていませんか。毎日顔には日焼け止めを塗ってメイクもしているかもしれませんが、意外とケアをおこたりがちなのがうなじです。うなじは紫外線も当たりやすいのでこの部分にシミが出来てしまっている人は結構見かけますが、場所がうなじなだけに自分では気づきにくく、むしろ他人にばかり目立ちやすい箇所でもあります。
うなじのみならず、デコルテや首回りもなるべくなら美肌のためにスキンケアをしたほうが良いですが、そんな箇所までスキンケアをやっていると化粧品がもたないという人もいるでしょう。そんなときには、顔に使い終わったシートマスクを顔の跡にボディにも乗せて使うという方法もおすすめです。これならシートマスクの美容成分も無駄にせずに使いいることができるので、コスパも良くシートマスクを使い切ることができます。
しかし美白という観点から言うと、シートマスクだけでのスキンケアでは不十分なので、ハイドロキノンといった美白に積極的な効果が期待できる美容液やクリームを取り入れたほうがよいでしょう。ハイドロキノンは、クリニックで処方してもらうときにはクリームがほとんどですが、市販されているスキンケア化粧品だったら化粧水やジェルにもハイドロキノンが配合されていることがあります。クリニックで処方されているクリームに比べれば配合濃度は低いですが、ローションなら自分でシートマスクに浸して効果の高い美白シートマスクを作ることもできます。このシートマスクなら、お肌に密着させられるので気になるうなじにもぴったりです。