ビタミンCよりいい?男性でも使えるハイドロキノン

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど美白効果の高いものです。美白と言えば女性のものという印象も強いのですが、男性にもハイドロキノンは利用されています。ハイドロキノンは美白に効果がある成分として有名なビタミンCよりも効果があると言われています。ビタミンCはシミの予防に役立ちますが、ハイドロキノンはすでに肌に沈着してしまったシミの原因となるメラニンも新陳代謝を活性化させる作用により取り除くことができます。
男性が使用する場合には、ニキビ跡の赤みが色素沈着してしまったものや、シミができてしまった場合が多いようです。また、やけどや傷口に沈着してしまった色素を取り除くことができたという声もあります。男性の場合でも使用の仕方は女性とほぼ変わりません。女性が使用する場合、朝晩の2回患部にハイドロキノンを塗ることが多いのですが、男性は外で仕事をしたり、紫外線を浴びることが多いため、就寝前の一度だけ行うのが良いと言われています。ハイドロキノンを使用している患部は紫外線の影響を受けやすいため、紫外線対策を行わなければなりません。ニキビ跡の赤みやシミの治療をしているのに、紫外線対策を行うと逆に肌にシミを作ってしまう可能性があるためです。また、赤みや炎症などが起こることがあるため、イベントがあるような時には使用を控える方が良いでしょう。
また、ハイドロキノンはビタミンCと一緒に利用することで、肌を白くする作用に相乗効果が期待できると言われています。ビタミンC入りの化粧水で肌を整えてから使用することで、ハイドロキノンの使用によって乾燥してしまいがちな肌の保護と、ニキビ跡やシミへの効果がさらに期待できるようになります。