ハイドロキノンで美白肌に!

美容皮膚科でも使われているハイドロキノンは、いまや、美白成分としてすっかり有名になりました。
とにかく、医師が取り扱っている成分というだけあって、美白効果への信頼性は非常に高いものがあります。
「肌の漂白剤」との異称を持つほど、その効果の優秀性には定評があります。
実際に、ハイドロキノンが配合された化粧品を使って、しみが薄くなったり、色が白くなったり、肌がきめ細かくなったという人がいるのは、間違いない事実です。
ハイドロキノンがどれほどの美白効果を持っているかを他のものとの比較で言いますと、しみ予防成分であるβアルブチンの約100倍という、実に圧倒的なパワーを有しているのです。
そもそもは工業用として利用されていたのですが、安全性が確認され、人間の肌にも使用されるようになりました。
クリニックで処方されるハイドロキノンは、4%を超える高濃度のものです。
これは医師の指導のもとで使用されますから、心配することはありません。
もし、自分個人での日常的なスキンケアに取り入れるのであれば、1~2.5%程度のハイドロキノンが配合されているコスメが用意されていますので、そこから試してみるのが得策と言えましょう。
ちなみに、ハイドロキノン濃度が5%を超えると、逆に、肌には良くありません。
ときおり、10%以上配合されていることを謳い文句にしている化粧品がありますが、そういった商品は購入しないように注意すべきです。
ハイドロキノンは、しみの原因であるメラニンを作り出す細胞そのものを減らしていく作用をいたします。
ですから、メラニンが作り出されることにストップがかかるのです。
さらに、しみを薄くする効果も持っていて、そのパワーはビタミンC誘導体よりも高いと言われています。
しかも、即効性がありますので、早い段階で効果が実感できます。